禁煙にまつわる諸問題について

Pocket
Share on GREE

禁煙に関しましては、前世期の終わりくらいから、一気に状況が進展し、煙草が吸える場所とそうでないところがはっきりと区分されることになってきました。

そして、公的なスペースでは、煙草が吸えない場所という扱いのところが多くなり、ただし、一部のスペースでは、喫煙所として、煙草を吸うことが認められ、喫煙者の方は、休憩時間等はそこで煙草を吸うということが一般的になってきました。

非喫煙者の方で、特に煙草の煙が苦手な方は、これで仕事の時間等は、喫煙者の方の吐き出す煙に悩まされることが少なくなり、これにて、一件、落着という認識が一般的であることはたしかです。

このような禁煙スペースの拡がりと、喫煙スペースの特定化の現象は、非喫煙者の不快感を和らげることには、大いに貢献したと言い切ることもできるくらいなのですが、喫煙者と非喫煙者の人間関係とう点では、微妙な変化をもたらしているようです。

本サイトでとりあげる話題

以下の五つのリンクページで禁煙に関係する問題について、少し掘り下げてみましょう。

1)喫煙が可能な場所の減少に伴う職場での問題

職場での禁煙化が進み、非喫煙者側の衛生環境は著しく向上しましたが、一部の職場では、逆に勤務規律上の問題が出てきているようです。

例えば、作業の再開時間の認識にズレが生じるのもその典型的なケースで、これは現場作業のような特別な作業形態に特有の現象かもしれませんが、このような喫煙に伴う喫煙者と非喫煙者と行き違いについて、取り上げます

2)喫煙を好むお客様への対応

飲食店のような接客業では、対価を支払っていただくお客様が愛煙家の場合もあり、全面禁煙や喫煙席、禁煙席のような区分での対応を良識に照らして柔軟に対処しなければいけませんが、これにまつわる問題に触れてみます。

3)喫煙者の友人にかかわる人間関係

非喫煙者の方で、話が合う方が喫煙者だったり、デートに誘った女性が喫煙者だったりする状況は、時折、起こり得ることですが、このような人間関係で注意すべき点を見ていきます。

4)喫煙と健康との関係についての認識の違いから生じる問題

最後に、昔から、よく出るたばこと健康の問題を取り上げます。

5)非喫煙者が喫煙者を羨ましがる理由

非喫煙者の多くの方は、仲良く話をする喫煙者の方々を羨ましく思ったりすることもあるでしょう。

このページでは、このような微妙な人間関係や、どうして非喫煙者が非喫煙者を羨ましく感じるかについて扱います。

禁煙スペース拡大に伴う諸問題をどう扱うか

このように、喫煙が認められる場所の限定や特定化の進展は、煙草の煙が苦手な方にとっては、本当にありがたい状況といえますが、ある種の職場や、お店等では釈然としない微妙な問題を生み出しているようです。

例えば、1)でもご紹介したようにある種の現場の待合室や休憩所のようなところでは、休憩後の作業の開始時間や待ち合わせ場所が、喫煙者の方のペースで、なし崩し的に取り仕切られることもあります。

そのため、非喫煙者の方は、寒い場所で待たされたり、喫煙スペースで、待たされたりすることもよくありがちな状況と言えます。

これ自体は、厳しい管理者の方がいて、作業開始時間ジャストにニュートラルな場所で、待ち合わせるようにすれば済む話ですが、このような配慮が当然のこととして行われているところとそうでないところに差があること明らかです。

現場で管理される方は、このような状況にも配慮されるとよいかもしれません。

また、喫煙者にも、いろいろな方がおられて、特定の喫煙スペース以外の喫煙が許される場所もありますが、このようなところでも煙草を嫌がっている人がいても全く気にかけない方もいらっしゃるようで、これも問題かもしれません。

どちらかというと私的なスペースで、喫煙者の方が、周囲に非喫煙者がいる場合でも煙草を吸うこと自体は、家族や友人等親しい間柄でもありがちな状況ですので、あらためて配慮すべきでしょう。

喫煙に伴う問題の再認識

特に公的場所での喫煙が認められる場所が少なくなってきた現在だからこそ、喫煙自体の周囲に与える影響を考えなおし、喫煙者の方も非喫煙者の方も管理する立場になった場合は、喫煙者の習性が、特に、仕事や人間関係に与える微妙な変化にどのように対処するかを再考すべき時期に来ているのではないでしょうか?

こうした喫煙に関する問題は、業界によって大きく異なり、接客業は、お客様の扱いをどうするかの方が大きな関心事でかもしれませんが、建設業のようなところは、作業員の方の勤務規律の問題も当事者の顔ぶれによって形成される人間関係では発生しる状況といえるかもしれません。

また、家族や友人間では、人間関係の方が気になるのは、当然のことでしょう。

禁煙スペースの充実が進み状況が改善されたからこそ、その中で、認められた喫煙行為や喫煙所等の扱いを本来、あるべき人間社会の活動や人間関係を阻害しないように配慮していくのがよさそうです。

Pocket
Share on GREE