タバコを吸う人の歯はとても危ない

[`evernote` not found]
Pocket
GREE にシェア

最近、非燃焼・加熱式タバコや電子タバコの人気が急上昇しています。

これら新型タバコは「従来のタバコより健康被害が少ない」と言われていますが、それは「根拠がない推測」です。

新型タバコについての健康被害について、まだ研究データが不足しているため、科学的根拠がはっきりするまで、まだ時間が必要です。
 
「新型タバコは有害物質が少ない」と言っても燃焼タバコとの比較の話であって、新型タバコには有害物質は含まれています。

また「新型タバコは煙が出ない」と言われていますが、人体に有害な「煙」だったものが「見えにくいエアロゾル」として大量に吐き出していますので、周囲にいる方への受動喫煙のリスクは依然あります。

見えにくくなった分、気づきにくいと言えます。

タバコのによる歯、口への影響について

タバコにはニコチンやタールをはじめ4000種類以上の化学物質が含まれ、そのうち有害なものは200種類、発ガン性物質は70種類あると言われています。人体にどのような影響があるか、歯と口への影響を中心に見てみます。

口臭がする

タバコのタール、ニコチンが歯は粘膜に付着するため、口臭がします。

口が乾く(唾液量の減少)

タバコ中のニコチンにより、唾液の分泌が抑制されるため、唾液が減ります。
そのため、口の乾きを自覚するようになります。

歯の汚れがつきやすくなる

タバコ中のタールによるヤニがべったりと付着するだけでなく、唾液の分泌が減るため、歯に付着した汚れが流されにくくなり、歯は汚れやすくなります(自浄作用の低下)。
その結果、プラークや歯石が付着しやすくなります。

虫歯が出来やすくなる

歯の汚れがつきやすくなるため、細菌が汚れを足場に増殖しやすくなり、虫歯になります。

唾液には再石灰化作用があり、初期の虫歯なら修復することができますが、唾液が減るため再石灰化がされず、虫歯が進行していきます。

しかも、虫歯が歯冠だけでなく、歯根にもできるようになります(根面カリエス)。
歯根はエナメル質が無いため虫歯への抵抗力がもともと弱く、さらに歯周病が追い打ちをかけます。

粘膜の病気が増える

唾液が減るため、お口の中の粘膜(頬、舌、歯肉、口唇)の潤いが減り、傷つきやすくなります。
また、発がん物質が多数含まれているので、口腔ガンのリスクも上がります。
ニコチンにより、好中球やマクロファージといった免疫細胞の働きを抑えてしまうため、感染しやすくなります。

歯肉が黒くなる

タバコ1本で1日に必要なビタミンCが全て消費されてしまいます。
ビタミンCは皮膚だけなく、歯肉の健康にとって必須の栄養素で、新陳代謝が落ちるため、歯肉にメラニン色素が沈着し、黒く見えます。

味の感じ方が変わる(味覚異常)

味覚は、舌やその周囲の粘膜表面にある「味蕾」(みらい)というセンサーで感じます。
食物の成分が唾液にのって、味蕾に届くことで味を感じます。
タバコの成分により味蕾そのものがダメージを受けることと、さらには唾液が減少することから、味の感じ方が変化します。

歯周病になり、しかも悪化させる

タバコによる一酸化炭素やニコチンによって、歯肉の血管が収縮します。
血流が悪くなるため、傷を治す物質をはじめ、酸素や栄養分も歯肉に届きにくくなります。

その結果、小さな傷は治りにくく、免疫力が低下します。

しかも、歯肉の出血が少なくなるため、歯周病の発症や進行に気づくのが遅れます。

さらに、近くの歯の汚れや虫歯があると、歯周病をより悪化させます。

以上の他にも、呼吸器・循環器への影響など、タバコによる多数の影響が報告されています。

自分だけでなく、ご家族やご友人を大切にするという意味でも、禁煙外来を受診するなどして禁煙に向けて動き出しましょう。

[`evernote` not found]
Pocket
GREE にシェア