喫煙と健康との関係による認識の違い

Pocket
Share on GREE

昔から、よく煙草と健康の関係が話題になることが多いようです。

また、喫煙者自身の健康の問題と同時に、喫煙者の周囲の方の健康への影響がよく問題になります。

このページでは、煙草の煙が人体に及ぼす影響についてみていきましょう。

喫煙者自身の健康の問題

煙草の煙は、それを吸い込んでいる喫煙者自身にとっては、やはり、身体上は健康に影響があると言えるでしょう。

しかし、精神衛生上は、逆に快適な状況を生み出してこともあり得るため、健康を、こころと体をあわせて全体としてとらえれば、必ずしも悪影響を及ぼしているとはいえないかもしれません。

また、煙草を吸い続ければ、おそらく、寿命は短くなるのでしょうが、あまり長生きしたくない方もいらっしゃるようで、人によっては、介護等で、他人に面倒を見ていただく期間がなくなるだけいいという考え方もできそうです。

短くても充実した人生だったらよいという価値観もありうるため、喫煙者ご自身の健康の問題は、人それぞれの個人的な問題といえるのではないでしょうか?

周囲への影響

喫煙者自身と較べれば、煙草の煙の周囲への影響は、やはり、悪影響の方が、かなり大きいとみるべきでしょう。

もちろん、煙草の煙に対する許容度は、非喫煙者間での個人差があります。

特に、アルレギー体質のような方は、煙草の煙に対して過敏に影響を受け、すぐに、目やのどが痛くなったりもするようです。

また、喫煙者の配偶者の方が非喫煙者の場合には、受動的な喫煙のようなとらえ方で、健康への影響も話題になったこともあります。

もう常識になっていることかもしれませんが、煙草を吸う人は、禁煙でない場所でも、周囲への影響に敏感にならなければいけないのではないでしょうか?

煙草の煙は有害か?

煙草の煙は、喫煙者の周囲に方にとっては、明らかに有害といえますが、喫煙者ご自身にとっては、必ずしも悪いことばかりでもありません。

短くても充実した人生をということになれば、ご自身が喫煙を望まれる限り、ご本人にとっては、これでよいかもしれません。

ただ、周囲の方への気遣い関しては、どのような場合でも、充分、配慮していただけるに越したことはありません。

おそらく、公的な場所での禁煙スペースが拡がり、喫煙所というところが設置されるに伴い、煙草の煙の問題は、数十年前と較べると話題になりにくくなりましたが、局所的には、問題になっていそうなところが散見されそうです。

特に、立場的な上下関係がある場合には、位置づけが不明確な場所で非喫煙者が喫煙者の吸う煙草の煙の影響をうける状況も発生しやすいため、経営や管理する立場にある方は、やはり、配慮すべきでしょう。

Pocket
Share on GREE