喫煙者の友人に関わる人間関係

Pocket
Share on GREE

友人間の関係では、単に社会的な意味での喫煙者 vs.非喫煙者の問題とは、別次元で対処する必要がありそうです。

おそらく、友人間の関係も煙草を同じスペース吸ったことを契機に始まることもあるかもしれませんが、別の点からの関心事等から友人同士になる方が一般的です。

このページでは、このように喫煙者と非喫煙者が親しくなった、場合の状況を見ていきます。

親しい友人間の喫煙者と非喫煙者の微妙な関係

学生時代の親友が、社会人になって急に煙草を吸い始めたり、話をして気の合いそうな方が愛煙家だったりする場合は、非喫煙者にとっては、意に介さない人と、やはり、煙が苦手で、目やのどに痛みのようなものを感じるほどの人がいることも事実のようです。

本来、喫煙スペースで話が合って、友人になる方もありそうなことで、これは、非喫煙者にとっては、羨ましい光景なのですが、やはり、そうでない関係の方が一般的ではないでしょうか?

親しい間柄での喫煙者と非喫煙者の関係では、喫煙者がある程度、配慮すべきと同時に、非喫煙者でも、煙に特に弱い方は、そのことを早めに伝えるようにすることが望ましいでしょう。

ただ、非喫煙者の方で、煙草の煙が苦手なことをはっきりと伝えることが難しい方も多くいらっしゃるかもしれません。

そのため、喫煙者の方も、喫煙所以外の場所は禁煙になっている、という意識を徹底させることにより、煙草を吸ってから人に会うといったよう配慮を徹底させる方がよいかもしれません。

非喫煙者がデートに誘った異性が喫煙者だった場合

恋人間か、友人以上恋人未満かどうかわかりませんが、付き合っている異性が、自分と異なり、非喫煙者にとっては、喫煙者だったりする場合は、友人間と同様の配慮が必要なのか、もともと、自分と同じ立場の人とだけ付きあうべきなのか、別の問題も生じてきます。

このような場合は、親しい中にも礼儀ありのような流儀で対処するのか、配慮しあいお互いに不愉快な思いをすることのないように配慮                   するのかわかりませんが、おそらくは、非喫煙者側の煙への許容度を充分、察しながら、付き合っていくべきでしょう。

対応策

非喫煙者の中でも、煙に対する許容度がかなり、違っているようです。

非喫煙の方が煙草の煙に対して、さほど気にかけない場合は、どちらかというと問題は少ないのですが、そうでない場合は、かなり深刻な状況といえるでしょう。

このような状況の際は、喫煙者の方が敏感に察して、配慮するとか、また、非喫煙者の方から、さりげなくそのことを伝えるのが望ましいかもしれません。

家族の場合は、ご主人が喫煙者の場合も多いため、住宅の状況も世帯によって異なるでしょうが、さらなる心配りが必要になることはいうまでもありません。

Pocket
Share on GREE